安いのにハイスペック!コスパ最強のゲーム用PC!

激安で低性能、高額で高性能。何も知らないとそんなゲーム用PCを買ってしまいます。しかしBTOゲーミングPCには「安いのにハイスペック」なデスクトップやノートがあるんです。

 

もちろんすべてがそうではありません。非常に限られています。そこでまずはBTOメーカーを比較して、どこでゲーム用PCを探せばいいのかを考えてみましょう。

 

ゲーム用PCを販売しているBTOメーカー比較

BTOメーカー ドスパラ G-Tune エイリアンウェア
価格

最新ゲーム用PCが安い
特にハイスペックは激安


格安ゲーム用PCが充実
でもハイスペックは弱い


デスクもノートも高い
価格面でメリットなし


ゲーム用PCの充実度

デスクトップの充実度No.1
カスタマイズ性も抜群


ゲーム用ノートPCに強い
ノートPC派におすすめ


選べるグラボが少ない
小型デスクは魅力的


配送

配送前に動作確認済み
注文から2日で出荷


5〜10日で出荷
平均的には1週間後


通常は約2週間
即納モデルはすぐに出荷


 

最終結論
ドスパラのゲーム用PCがコスパ最強!

比較したことで答えがはっきりしました。ドスパラはゲーム用PCの種類が豊富で、デスクトップもノートPCも格安から最新ハイスペックまで揃っています。だからこそコスパの良いゲーミングPCがあるのです。

 

しかもドスパラは注文したらすぐにパソコンを届けてくれます。出荷前にすべてのパーツのチェックから動作確認まで徹底的に審査して、合格したものだけを出荷しているので故障率が低いことで有名です。

 

 

おすすめのゲーム用デスクトップとノート

ゲーミングPCのコスパというものは刻々と変化するものです。なぜなら新しいパーツが発売されたり、パソコンの価格が変動するからです。そこで「今買うならこれがコスパ最強!」というゲーム用PCだけを厳選してご紹介します。

 

 

星5つ
コスパ重視ならガレリア XF
  • GTX970
  • Core i7-6700
  • メモリ8GB
すべてのゲーマーにおすすめしたいのが、GeForce GTX970を搭載したデスクトップです。ゲーム用PCとしては平均的な価格ですが、恐ろしいほどハイスペックです。性能を考えたら安すぎます。

 

「ハイスペックなんていらない」なんてことは言わずに、絶対にこのデスクトップを選んで欲しいです。例えば、1万円差しかないGTX960搭載PCと比較したら、性能は約1.5倍もあるのです。

 

 

 

星4つ
超高性能ならガレリア ZG
  • GTX980
  • Core i7-6700K
「3年後でもハイスペック」そんなゲーミングPCがGeForce GTX980を搭載したガレリア ZGです。GTX980はGTX970より20%以上も高性能です。だから数年後に発売される最新ゲームですらサクサク・ヌルヌルです。

 

星4つ
ガレリア QSF960HG
  • GTX960M
  • Core i7-6700HQ
GTX970Mはノートとは思えないほど性能が良く、FF14を高品質でプレイ可能です。15.6型ならバッグにすっぽり入るので持ち運びも簡単です。17.3型のように大きすぎて邪魔になることもありません。

 

ゲーム用PCのおすすめカスタマイズ

BTOメーカーを選んで、グラフィックボードを選んで、CPUとメモリを選んで・・・と最終的に買うべきゲーム用PCを決定しました。でもまだ終わりではありません。最後にカスタマイズが残っています。

 

BTOでは細かいカスタマイズをしてから注文することができます。ちょっとしたことで劇的に性能が向上するので、そのまま買うのではなくパーツの交換や追加をすることはとても大切です。事実、ほぼ全員がゲーム用PCをカスタマイズしてから購入しています。

 

カスタマイズするならSSDから!

SSDは本当におすすめです。他のカスタマイズする予算がなかったとしても、SSD追加用の予算だけは残しておいてください。SSD搭載ゲーム用PCを使ったことがある人は全員「SSDにして良かった」と評価しています。

 

HDDと比較したらメリットしかありません。読み込み・書き込みの速度が10倍以上速くなります。だから何を起動しても一瞬です。オンラインゲーム自体も非常に快適になります。

 

また、HDDはガリガリと音がしますが、SSDは何も音がしません。静音化のためにも重要です。そして寿命も長いです。HDDが壊れてデータが吹き飛んだ経験はみんなあると思います。でもSSDは10年以上の寿命があります。だからカスタマイズはSSDは追加がおすすめです。

 

液晶モニタはゲーム用を使え!

「やったー!ハイスペックなゲーム用PCを買ったぜ!」と喜ぶのはまだ早いです。その性能を本当に活かせているでしょうか?液晶モニタを性能が酷いと、150fps出ていても60fps出ているのと一緒です。

 

液晶モニタにはリフレッシュレートという設定が存在します。液晶モニタが1秒間に何回描画するか、を決定します。普通の液晶モニタだと60Hz、つまり60fpsが最大です。シューティングゲームだとカクカクしているように感じます。

 

しかしゲーミングモニタには144Hz対応のものがあります。2倍以上ヌルヌルになります。使った瞬間、その違いに驚きます。だから新しいゲーム用PCを買うなら、一緒に液晶モニタも変えることをおすすめします。

 

CPUグリスでパソコンを安定化

おすすめランキング3位はCPUでもメモリでもありません。CPUグリスです。グリスとはCPUとファンの潤滑剤です。安いグリスを使うと、すぐに乾燥してしまいCPUの温度が上がりやすくなります。

 

しかし良いグリスなら通常よりもCPUの温度を下げることができます。冷却効率が向上するのです。パソコンのパーツで一番温度が高くなるのはCPUです。CPUが熱くなるとパソコン内部の温度も上昇し、パソコンがカクカクする可能性があります。

 

オンラインゲームをしている最中に熱暴走してカクカクなんて最悪ですよね。そこでグリスです。2000円程度で高級なグリスに変更できるので、非常にコスパの良いカスタマイズです。意外と知られていないカスタマイズですが、本当におすすめです。

 

Copyright (C) 2014 ゲーム用PCおすすめ.net